IGTにユニフレーム(US-1900)をビルトイン?!

ユニフレームのツーバーナー(US-1900)をIGTに
はめ込んでみた。

いろんなブログを参考にしながら考えてみたけど,
「ツライチ」にはこだわらず,「簡単セッティング」をテーマに作業を。


で,何をしたかというと,四隅にある結構固いゴムを外して,
そこにアルミチャンネルを通して吊り下げるという作業。


新品状態のUS-1900!
d0163904_15221221.jpg



先ずは,上の写真にある角っこのゴムを取っ払う作業ね。

一度も使っていない新品をバラスのは抵抗があったけど,やるしかない・・・


これが取っ払った状態。
簡単には取れんけえ,小型のこぎりで切りながらこねたら取れた!
d0163904_1526235.jpg



この四隅のゴムを取らんとサイズ的に納まらんけど,ゴムが取れたらすっぽり納まる。
d0163904_1528204.jpg



IGTと「ツライチ」にしたらUS-1900が下がるけど,この高さだったら
風防を開くこともできるのか?!


風防を外してゴトクだけの状態。
d0163904_15324266.jpg



ゴトクを外したらこんな状態。普通は外して使わんけど。。
d0163904_15335467.jpg



今までの写真はIGTに引っ掛けとるだけ。

風防を開閉する部分のリベット(後ろ側)と,風防をたたんでロックする部分のネジ(前側)が
辛うじて引っ掛かっとる状態。


この状態は危ないんで,アルミチャンネルを買いにホームセンターへGO!!!


強度があるんで細くてもOK!

1mものを買って帰って,家で適当な長さにカット。
d0163904_15402983.jpg



幅が10mm,高さが15mmでCチャンネル。300円もせんかった。
d0163904_15432946.jpg



そのアルミチャンネルをUS-1900の本体に通してIGTに載せたらこんな感じ。
d0163904_15444285.jpg



反対側はこんな感じ。
d0163904_1545335.jpg



全体的にはこんな感じでIGTに。
d0163904_15461961.jpg



「US-1900」という字が見えるんで下がってはないけど,
風防を通す金具(後ろ側)があの位置なんで,強風時には風防も付けれそう。


アルミ棒2本で吊り下げるだけなんで,取り付けも楽そう?!


いろんなブロガーさんに感謝です!!!



はやくデビューしたい・・・
[PR]

by haretaraiina-tt | 2012-04-23 15:58 | キャンプ道具 | Comments(0)  

<< 寿司やら刺身やら かっぱ巻き中心に >>