餃子の天津

高校時代の友人と飲んで,二軒目へ。

中央通り沿いの餃子の店に行ったけど,満席で入れず。


流川方面をふらつきよったら,餃子の看板発見!
d0163904_8341638.jpg


年季の入った店構え。
この地で生き残ってるってことは,期待できるか?

友人は焼酎の水割り,僕は生ビールを注文。
d0163904_8444357.jpg


店内の壁はサインの色紙がぎっしり!
カープの選手から,芸能人まで,ホントすごい数。

焼き餃子を注文して,二人でつつく。
ちょっと変わった餡の味。
d0163904_841277.jpg


一般的な餃子の味とは違う。
ニンニクでもないし,なんなんじゃろ? 生姜?

追加でもう一皿。
肉汁をこぼさないように食べようとしても,必ずこぼれる。


店員に歴史あり,店に歴史あり。
d0163904_8453424.jpg



流川の地に根付いた昭和のお店でした。
こういったお店は,長く続いてほしいです。






♪♪♪ よろしかったら1日1クリックお願いします! ♪♪♪
広島ブログ
[PR]

by haretaraiina-tt | 2016-08-22 08:51 | 親父がゆく | Comments(4)  

Commented by itatchi at 2016-08-22 15:52 x
シナオヤジ!そのダジャレ、昭和の匂いがよいわ~。
店員に歴史あり、って(笑)
Commented by ふぃーゆパパ at 2016-08-22 18:43 x
>焼き餃子を注文して,二人でつつく。
天津爛漫な2人でしたねw
Commented by haretaraiina-tt at 2016-08-23 08:02
itatchiさん
お母さんのオーダーの通し方が独特でした。
チェーン店ではない,古き時代のお店です。
今のままの姿で残ってほしいです。
Commented by haretaraiina-tt at 2016-08-23 08:05
ふぃーゆパパさん
おっさん二人ですけどね。
壁一面のサインには圧倒されました。
もしかしたらミスチルも?(笑)

<< 自家製なめ茸 同級生と『一利喜えびす』へ >>